熊本被災地再訪(2)ボランティアはこの10人だけだった 

kumamoto.jpg

 どう見てもさみしすぎた。

 足かけ3日間の滞在だったが、じつはこの古民家で作業している10人以外にボランティアを1人も見なかったのだ。この集落だけではなく熊本市内や御船町(みふねまち)や甲佐町周辺の道路も、被災した家屋を見ながらかなり寄道して走ったのだが、ついぞ見かけなかったのである。

 東日本大震災で東北の被災地を訪ねたときは、連休ともなればボランティアが大挙して集まり、いく先々でガムテープに名前を書いてヘルメットにはりつけ、クワやツルハシをふるう姿を見かけたものだ。

 それがこの秋の3連休に甚大被災地で1人も見ないとはどういうことだろうか。

 ボランティアの無償の働きにそれほど驚いていたということは、田上さんにしてもボランティアをまともに見たのは被災からほぼ半年がたった今が始めてだったということにほかならない。

 被災地はまだやることは山ほどあるのに、需要と供給が大きなミスマッチを起こしているのだ。





 広い東北の被災地は、どこにいってもボランティアがいたし、最初は遠慮していた被災者もボランティアに作業を手伝ってもらうことに慣れてきていた。

 これには津波被災をともなったためあまりの完全破壊だったことにも原因があるだろう。被災者だけの力ではどうにもしようがないすさまじい破壊だったため、自衛隊や消防の作業も自治体の処理もインフラの工事もまだまだ来ないのが目に見えていた。となると頼れるのはボランティアしかいない。

 また津波被災地は目に見えてやることが山ほどあったということもある。誰が見てもどうせ片付けなければならないガレキの山や泥の海がそこらじゅうにあった。片っ端から手を付ければそれが復旧に役立った。被災地どこに行っても何事かがボランティアの労働を待っていたといってもいい。

 案外見すごされがちかもしれないが、津波にやられた集落というのは何もなくて見通しがいいため、どこで何がおこなわれているかも分かりやすかった。

 わたしが東北で働いていたのは津波で完全に破壊された漁村だったため、ボランティアどうしやボランティアと住民の距離感も近かった。夜になると集落のほぼ全員が公民館に集まってきて休み、ボランティアもそのあたりでテントを張ってメシを食って寝る。差し入れが来たり酒を持ち込んだりで自然発生的に会話が生まれ、酒盛りが始まり、その中で各々の特技にかんする情報が共有され、明日の作業内容に変更が加わったりしていた。

 熊本の状況はそのへんがまったくちがう。津波が来なかったため、被災家屋のほとんどは「こっそり被災」にとどまっている。被災者は仮設住宅と自宅をクルマで行き来していたりするためボランティアとの接点もないし、日本人の奥ゆかしさもあって自宅の掃除や修復作業をわざわざボランティアに頼む人はいない。

 動いているのは被災家屋の数にくらべて圧倒的に少ない解体業者の重機だけだ。「途中から景色がぜんぜん変わらない」と地元の人たちも話している。





 東北の漁村ではどう見ても完全に倒壊している家屋ばかりだったので、やるべきことはその片付けである。崩れかかった半壊家屋はむりやりクルマで引っ張って引き倒したりしていた。もちろん危ないがどうせしばらく誰も助けにこれないのだから自分達でやるしかない。

 ついには遠路重機を持ち込むボランティア(という名の本職)も現れ、わたしが滞在していた南三陸町の歌津半島では被災者とボランティアが協力して道路まで切り開いてしまった。

 熊本の被災地には、そういう突き抜けた一体感や強引さというものがない。みんな苦しいのをグッと飲み込んだまま、整然と順番が来るのを待ち続けている。

 震災直後に給水やトイレに押し黙ったまま長蛇の列を作っているのとまったく同じ状態が続いていると思えばいいだろう。





 おもえば東北が例外だったのだ。

 わたしは同じ集落ばかりを訪ねていたので気づかなかったが、津波被災がなかった地域では今回の熊本震災のようにひっそりと孤立無援をかこっていた人もたくさんいたのだろう。

 日本でこれから地震による被災が起きるとすれば、ほとんどの場合は熊本のようなひっそりとした苦しみが待っていると考えた方がいい。

 分断されたコミュニティの弱さを地震がいっそう際立たせるのだ。その意味では、東日本大震災より熊本地震のほうが今後の参考になる点を多く含んでいるともいえる。





[2016/09/22 01:41] 熊本どぎゃんね | トラックバック(-) | コメント(-)

熊本被災地再訪(1)なつかしきボランティアの姿 

 震災半年後の熊本を訪ねる。

 雨が続きそうだったので現地での利便性を優先し、新幹線で現地入りする予定を急遽変更してクルマを運転していくことにした。小雨のなか兵庫県加古川市からは7時間ほどで熊本市に到着する。



IMG_2733_2016092102174846c.jpg

 熊本市の南東に30分くらい離れた甲佐町(こうさまち)へ。ある民家の修復現場に向かった。わたしが半年前の震災直後にボランティア活動で身を寄せた松下生活研究所の松下修さんが迎えてくれた。

 おもえば不思議な出会いだった。松下さんはまちづくりのコンサルタントでコミュニティの再生・創出を設計するのが仕事である。

 ──というと今ではけっこう「旬」な仕事に見えるが、高齢化やコミュニティの再生が今ほど話題にならない時代からずっとそれを本職にしてきたという稀有な人である。わたしはたまたま熊本出身の大学の先輩の紹介で松下さんにつなげていただいたのだが、経歴をうかがうほどに「震災のための準備をずっと続けてきた人」に見えてくる。

 今はこの古民家の再生プロジェクトがはじまったので、作業がはじまったばかりだ。お元気そうでなによりである。

 高齢化の波でじわじわ弱っていた田舎のコミュニティが、大地震で一気に解体の危機に瀕することになった。奇しくも地震が起きてから、松下さんの活躍の場が一気に広がってしまったことになる。

「よくこんな人がいたもんだ」

と震災直後に研究所で寝泊まりさせていただきながら感慨にふけったものだ。悲惨な地震だったが、これを奇貨として熊本が新しい時代を作っていくための準備を続けてきたのがこの松下さんだとしか考えられない。





 わたしが半年前に熊本市に到着したのは2回目の大地震からたしか2日後のことだった。いちはやく現地に入って状況をFacebookやブログなどで発信し、後続のボランティアに情報発信し活動拠点を構築するのが目的だった。

 さいわいゴールデンウィークに地縁血縁友人仕事仲間、東北の被災経験者、東北で八面六臂の活躍を見せたボランティア仲間がたくさん熊本にやってきてくれ、家を失った被災者のための小屋建設を手伝った。これも松下さんがちょうど震災直前に設計を完了していた国産材を使用した小屋で、いろんな方面からの支援金など資金協力を得て合計20棟建てることができた。自宅が全半壊した被災者の家財道具を納める場所として今も使われている。

木のテントプロジェクト
http://kinotento.jimdo.com

 今回は3連休にあたっていたので、若者のボランティアが約10人民家の復旧作業を手伝っていた。長靴と覆面姿と笑顔と汗。東北でよく見たなつかしい風景だ。





 作業をしていたのは田上さんという奥さんのご実家だ。一度は解体も検討した築80年の民家だが、使われている材木がたいへん立派なのもあって継続して使いたいという意思を固め、高齢化するコミュニティの核として食堂もかねて再建することになった。これを手伝うのが松下さんというわけだ。

 屋根や壁、床の損傷はひどいものだ。本体は無傷に見えるが、よく見ると飛び跳ねたのか引きむしられたのか太い柱が10センチくらい基礎から横ずれしている。しかし一抱えもあるような巨大が構造材が使っているのでがっちりとしたたたずまいを維持している。

 わたしも解体を手伝う。崩落した瓦を家の周辺から運び出し、バールで壁板や断熱材をはぎ取っていく。古民家再生の第一段階として、不要な部材をはぎ取って家の骨組みをあらわにするのだ。

 被災してから雨漏りがしどおしだったため、床板もひどく濡れているし家屋全体が湿気に満ちている。カビもひどい。屋根は一見しっかりとブルーシートで覆ってあるのだが、今年の熊本は異様に雨が続きとても防ぎきれるものではなかった。シート自体も2─3カ月しか持たないのだそうだ。早く骨組みを乾燥させたいところである。

 ボランティアの若者たちは建築作業を得意とする国際団体のメンバーで、肉体労働に慣れているため作業はたいへんはかどった。初日で1階部分の壁をあらかた剥がしおえる。

「見ず知らずの人たちがこんなに一生懸命働いてくれるなんて、ほんとうにびっくりです」

 田上さんはおおいに驚いたようすで何度もそう語る。しかしわたしにはこの発言に違和感があった。この驚きじたいに熊本地震の問題が潜んでいる気がしたからだ。




[2016/09/21 02:13] 熊本どぎゃんね | トラックバック(-) | コメント(-)

アユを突くと幸せになれる 

IMG_2526.jpg

 吉野で「ランバージャックス川の日」というイベントにインストラクターとして参加する。たんなる水浴みたいな子どもっぽい水遊びではなく、かなり真剣な川遊びを体験してもらうというイベントだ。

 参加者には夏の川に入ってアユをヤスで捕獲してもらう。対象者は女性が中心の大学生たちと、あとは川遊びに興味のある30歳台を中心とする悩み多き男女というかんじ。

 弟が企画したのだが、これまたなかなかハードなイベントを実行してしまったものだ。というのも、アユを川で仕留めるのは、かなりむずかしい部類に入るのだ。

 夏の川の中流域でいちばん泳ぐのが早いのがアユだ。じつは、アユ以外の魚は物陰に追い込んでしまえば動かないので、シロウトでもけっこうヤスでも仕留めることができる。しかしアユは普通の魚と習性がかなりちがうのだ。

 カワムツなりオイカワなり、あとは上流域のアマゴでもそうだし、大型魚でもほとんどそうだけれど、川魚というのは基本的に朝夕に活発にエサを取る。朝夕に活発に活動する昆虫類を食っていることが多いからだ。そして昆虫類を追って活発化する小型魚につられて中大型魚も活発化する。朝夕が仕事時間で、まっ昼間は物かげにかくれて休んでいる傾向が強いのだ。瀬に出ていても、すこし水中で脅かしたり追い回したりすると、岩の下とか草の陰などに入り込む。こうしたあまり動かない魚はけっこう簡単に仕留められるというわけだ。

 しかしアユはちがう。夏の真っ昼間に、光で目がくらむような瀬に展開してナワバリ争いをし、パトロールするというかなり変わった習性を持っている。なぜかというと昆虫ではなく川の石に付いているコケがエサだからだ。一日中エサが取れるので、朝夕だけに活動するという生活パターンを取る必要がないのだ。

 コケの生える石を狙って個体同士で激しく体当たりをして争うので、遊泳能力がそもそも高い。そういう魚があまり物陰に入り込むことなく、川の開けた水面をいっぱいにつかって逃げ惑うのだ。人間にとっては圧倒的に不利な闘いを強いられるというわけだ。近距離でダッシュされると目で追いかけるのも難しいようなスピードなので、かなりコツがいる。

 そんなアユの突き漁をうら若き大学生の女性たちにやらせてみようという、けっこう強引なイベントなのである。





 ところが、東吉野村の高見川という場所があまりにすばらしかった。なんと参加したほとんどのメンバーがアユを突くことに成功したのである。

 なにせ今年の夏は雨が少なかったので川の水位が下がり、アユの逃げ場が減って人間に有利だったことと、そもそも今年はアユが豊漁であること、そして参加したみんなが何をやるのか、イメージビデオを見てからきていたことが大きかったようだ。あとは、「アユ突き漁に行こう」という誘いにいそいそと参加するのだから、そもそも勘のいいメンバーだったのかもしれない。

 とにかく、30人くらいの参加者が午前中だけで50匹近くのアユを捕獲することに成功したのだった。





 この高見川というのは、アユがこんなに多く、都市近郊にある川なのに、突き漁が1日2500円の遊漁料で可能だという稀有な川だ。昨年あたりからこの川に来てようすを見ているが、この川ほど突き漁の環境に恵まれた川は正直見たことがない。

 野性を解放するにはもってこいの川だ。9月中はこの漁がじゅうぶんできるくらい水温が高いので、やったことのない人はぜひ試してほしい。

 アドバイスをひとつ。

 とにかく、普段仕事や勉学やビジネスで主として使うような理屈や左脳型の思考はやめることだ。つまり、

目の前に来た魚を獰猛に追うこと。
手数を増やし執拗に攻撃しつづけること。
チャンスを逃がさないこと。
迷わないこと。

 こういう動物的な勘やスキルというのは、現代人の生活ではほとんど養うことができない。スポーツはそれに近いものがあるが、かなりゲームとして抽象化されていて、ルールがやたら多いので「生死をかけたやりとり」という意味合いが薄れている。

 わたしが外国にまででかけて野性カワウソの調査をするようになって、まるっきり人間が変わった。それは迷いというものがなくなったことだ。

 あるとき、カワウソが夜間の川に出現したが、いったい上流・下流のどちらに移動したかわからなくなったことがあった。川を見ながら追跡方向を5分ほども検討したろうか。すると「逡巡しすぎだよ」と先輩に言われた

 そうである。どっちでもいいのだ。正解か不正解かを判定することができない場合、判断を遅らせることがいちばんの悪だ。「勘」で行くしかない。

 自然や野性動物を相手にしていると、こういう「待ったなし」の感覚が養える。





 このアユ突きイベントに参加者の中におもしろい女子大生がいた。

 わたしが水中でのアユの突きかたを説明して漁をスタートした直後に、水にも潜らずに水面の上からアユに向けてヤスをはなっていきなり最初の1匹目を仕留めた女子大学生がいたのである。

 説明がどうだろうと、目の前に来た魚を反射的に射貫く。そういう感性をもったあの子は、きっとパッと結婚してサッと子どもを作り、ちゃちゃっと仕事もしながら幸せな人生を送ることだろう。現代日本人が結婚できないのは、アユ突きに使うような野性味が足りないのだ。

 アユを捕ると人間は幸せに近づくのである。





[2016/09/04 23:45] フィールドニュース | トラックバック(-) | コメント(-)