スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

薪割り台はクスノキを絶賛推薦します 

IMG_7261.jpg

 ストーブに使う薪は何の木でもいいんですか?というのはたいへんよく聞かれる質問です。いや、分かっている。みんなほんとうは

「いやあ、やっぱりコナラやクヌギがいちばんです」

と言ってほしいのだ。

「火持ちがいいし里山の代表樹ですからねえ」

とかありきたりな蘊蓄(うんちく)のひとつも付け加えてやれば満足して「やっぱり!そうですよねぇ」と腑に落ちた顔をできるのだ。

 そう言ってほしいのは分かってんです。

 火持ちがいいし、香りがいいし、樹皮の質感が「いかにも薪」という感じだし、シイタケを植えることもできるし、カブトムシやクワガタが育つ。たしかにコナラやクヌギは万能選手的にいい木だと思いますよ。さすが日本人が長年選択してきただけのことはある。

 しかしアマノジャクなわたしはあえてそうは言わない。

「薪なんかなんでもいいんですよ」
「なんでも燃えます」
「わたしは川原の流木から始めました」
「スギやマツのほうが温度上昇が速くて好き」
「コナラやクヌギなんて重くてカミサンが運ばれへん」

と愛妻家にすら化けてこれらの木をくさす。いやいや嫌いじゃないんですよ。21世紀になって、なんでもかんでもコナラやクヌギや里山でもないでしょうに、と思うわけです。

 じっさい、現代日本人は一日中薪ストーブを焚く人はほとんどいないわけです。終日家で薪ストーブ焚いてるなんてどんな富裕階級やねん。理想と現実をわけていただきたい。起きたら25分で出勤、残業から帰ってきたらメシフロネルなくせに。

 つまい焚くのはたいてい朝と夜なわけです。そうすると、やたら火持ちがよくても困る。パッとつけてカーッと温度が上がって、サッと消える。そういう燃え方をしてくれるほうが生活に合ってる。するとスギとかマツのほうがずっといい。

 もちろん自宅が仕事場だったりすれば火持ちは重要かもしれません。でも根本的に知っておくべきは「ナラやクヌギがいちばん」ではなく「樹種は使いよう。適材適所」です。

 スギはとくに手に入れやすいし、すばらしい特徴として乾燥が圧倒的に速い。昨夏奈良県の東吉野村で真夏の7月に薪割りワークショップをやったのですが、そのときに作った薪は秋の入口からもう焚き物にしたけれど何も問題なかったそうです。それくらい乾燥が早い。スギの薪としての性能なんてあまり注目されませんが、3カ月で使えるというのは特筆すべき性質ですよ。



 そんなわけで薪の樹種にはとくだんの思い入れはなく、手に入る木の中で使えるものをうまく使う方針ですが、あまり注目されない薪割り台には明らかに向いている木があります。

 そう、みんな大嫌いなクスノキですね。

IMG_8493 (1)
【写真説明】クスノキは成長が速いので柵などの人工物を飲み込んじゃうことがよくある。

 まあほんとうに割れにくい。繊維が錯綜している(※)ので斧ではなかなかやっつけられないんですよ。成長が早いので、住宅街の周辺で手に入る丸太にもやたらでっかいのが多いうえ、水分が多いから運ぶのがたいへんな労力。そのくせ乾燥させたらスッカスカになる。すなわち火持ちが悪い。

 また、トラックならいいのですが、ワンボックスカーで切ったばかりの新鮮な丸太を運搬すると臭いがキツくて目が開けられないくらいになります。

 ですが割り台にするとかなり利点が多いのですよ。

 まず、割れないというのが薪としては最悪ですが、薪割り台にするなら大きな利点に変わります。薪を割っていると古い割り台がいっしょに割れちゃうことがあるんですが、すると斧が足元まで来たりして危ない。ところが、クスノキはそもそも組織が割れにくいうえ、防虫剤として使われる樟脳を採取するくらいですからなかなか腐ってこない。

 割り台はあるていど大きくないと使いにくいのですが、クスノキはデカいのが多いのでこの点も優秀です。

 小学校の校庭にばかでかい木が生えているのは、兵庫県だとだいたいクスノキですね。県樹だし。学校は子どもの健康のためにも木立や緑蔭をほしがるので、成長が早い木を植える。その点クスノキは数十年でとんでもない大木になります。加古川市だと神野小学校とか日岡小学校とかに巨大な木がありますね。神野小学校は立派な木がたくさんあったけど切っちゃったみたいでもったいない。

 ちなみに、約30年前にわたしが卒業した同市の陵北小学校は新設の小学校でした。早く木を育てたかったのでしょう、成長がめちゃくちゃ早いことで知られるユーカリをたくさん植えてました。これも今は御役御免になって切っちゃってます。

IMG_7262.jpg
【写真説明】薪割り台各種。こちらはカシ。ひたすら重いので動かすのがイヤになる。固いので手首にくる。

IMG_7260.jpg
【写真説明】センダン。成長が速いので大きな丸太がわりに手に入りやすく軽い。

IMG_7263.jpg
【写真説明】アベマキ(クヌギ)。ナラやクヌギはおいしい木なのですぐ虫や菌類のエサになって腐る。


 虫害や大気汚染、塩分にも強い。そんなことから住宅地や公園、街路樹、社寺林にもたくさん植えられていますから特大の丸太がけっこう街中でも手に入りやすい。

 寒冷地や内陸部には育ちにくいので手に入りませんが、大きくて乾燥すれば軽く、割れず腐らず長持ち。まさに割り台になるために生まれてきたような木なのです。

 そんなわけで、日本の関東以西の沿岸部に住んでる人は、割り台はぜひクスノキをご用命ください。



(※)意外にあっさり割れるものもあるので調べてみた。「生育条件により材質の変化が著しく、交差木理や玉杢が現れる場合がある」(『日本樹木誌1』、日本樹木誌編集委員会編、日本林業調査会)。やはりすべてが割れないものではないようだが、経験的にこの木は乾燥させると繊維が噛みついてさらに割れにくくなるように思う。




スポンサーサイト

[2016/06/16 00:32] 薪割りノウハウ | トラックバック(-) | コメント(-)

日本人のケチをなげいて薪が泣く 

 薪を積んでいると、木がいろんな音を出しているのに気がつくだろう。割ったばかりの木の乾燥が進んでいるうちは、

「ピシ」「ピシ」

という小さな音が薪棚のあちこちから聞こえてくる。

 夕方によく聞こえるような気がするが、夕方は気温が下がって湿度が上がる時間帯だから、逆に吸湿中の音なのかもしれない。

 薪を焚いていた冬のある日のこと。ストーブの横に置いた薪から

「コリコリコリコリ」

とさかんに音がする。動かすと音が止まってしまうので、顔を近づけて耳をそばだててみると、どうも積んである薪の1本から音が出ているようだ。選び出しておいて次の日に割ってみた。

IMG_0442.jpg
【写真説明】右に写っている細い丸太状の薪から音が出ていた。

 すると小さなカミキリムシの幼虫がたくさんでてきた。棲んでいた木がいきなり切られて乾かされてさぞかし困っていたことだろう。

IMG_0495.jpg

 もっと大きければ食べるのだが、こいつはニワトリのエサだ。



 このカミキリムシみたいに生木をエサにする虫、乾燥した木を食うなんだかよくわからない虫、薪の隙間にすむゴキブリやムカデやワラジムシ、ひなたぼっこの台にするカナヘビ、隠れ家や越冬場所につかうヤモリ、営巣するアシナガバチ、そしてそれらを食べにやってくる鳥たち。

 薪を割って生活するだけで庭はあきれるほど賑やかになる。化石燃料が使えない昔の日本人は全員そうして暮らしながら百姓までしていたわけで、ワラとかシノ竹とか棒杭とか石に人糞まで、住居まわりは材質の違う有機物・無機物にあふれていた。

 日の当たる薪棚は冬でもあたたかいし北風も届きにくい。こういう気温や湿度や風速の微少な違い(微気象という)を利用してたくさんの虫や動物が生きていた。

 いっぽうの山では木を切ったあとは数年間草原になり、ウサギやシカが増えて猛禽類や肉食獣の狩り場になった。

ムラ→田畑→草原→里山→奥山

というグラデーション・モザイク的な自然環境が作られていて、いろんな生物の生息環境を作っていて、

ムラ:百姓の家
田畑:百姓仕事の場
草原:茅場、狩猟の場
里山:狩猟採集と薪炭製造の場
奥山:林業の場

と人間にもいろんな職業と環境を作っていた。それが今は

住宅地→田畑→奥山

みたいに単純化されました。つまりは

住宅地:サラリーマンの家
田畑:儲からない百姓の場
奥山:放置林

バッファーゾーンがなくなり、山から出てきた動物はいきなり畑に入って作物を食い荒らすしかない。

 雨の音も聞こえない厚い断熱壁に包まれて空調を効かせて年中小春日和でくらす今の日本人は動物たちにとって
 
「なんてケツの穴の小せえケチな野郎だ」
 
と思われてることだろう。





[2016/06/15 01:37] 薪割りノウハウ | トラックバック(-) | コメント(-)

薪割りとトヨタ生産方式 

 きょうは暑かったですね。30度超えですか。

 こうなってくるといよいよ薪割りの季節は終わった、という感が強いわけですが、今年は冬に丸太を使ったバイクレース会場の準備をしたりしていたので、いまだに薪がぜんぜん足りなくて泣いています。

 これから一生懸命割っても、今ごろの木は水分が多い。乾燥地の瀬戸内地方といえども、なんとか冬の中ごろには使えるようになるかなぁというわけで、困ったもんです。



 薪の製造を急がなければならないのですが、きょうはこういうときにこそ思い出してほしいノウハウをひとつ。

 「薪割り」と呼んでいますが、作業内容のほとんどは薪割りじゃないことをしているということに気づいてほしいのです。これを省けば圧倒的に作業効率が上がります。

 LumberJacksは薪割りなんてプリミティブな作業を「トヨタ生産方式」を参考にしてやっています。ほとんど趣味の世界なのに、ゴリゴリの物づくりノウハウを導入しているわけですね。

 わたしが薪割りワークショップで話している内容は、じつは実際の薪割りで培った内容だけではなく、書店のビジネス書コーナーにある「5S活動」「7つのムダ」とかそういうキーワードが入ったの現場系の本にならっていたりするわけです。



 トヨタ生産方式(トヨタ方式ともいう)の本は、だまされたとおもって、ホワイトカラー系の仕事しかしたことがない人はいちどご覧になったほうがいいですよ。いやほんと。絵がいっぱいの楽しい入門書とかありますから。

 トヨタ方式はジャストインタイム方式といって、必要な部品を必要な時に必要なだけ手に入れるために、工場の外に下請けのトラックを待たせたりとか、すなわち下請けイジメだとか、そんなことを教えられた記憶があるんです。社会科とかで。わたしもそんなイメージがあった。

 ぜんぜん違います。どんどん進化してます。いつの話やねんって感じだ。

 生産性を上げるためには人間の創造性を引き出さなくてはならない。下請けを叩いても創造性は引き出せない。そういう哲学的なところまで到達しちゃってます。こういうの知ると日本人ってほんとうにすごいなと思う。



 たとえば、トヨタ方式で薪割りを考えてみましょう。薪割りにほんとうに必要な本質は、丸太に斧が当たって割れる部分だけです。これ以外はぜんぶムダ。できるだけ削減するんですね。

 薪を運んだり、割り台に乗せたり、木くずを掃除したり、チェンソーを整備したり、そういういっさいをできるだけ減らす。改善改善また改善。

 わたしは薪割り作業をするときに「トラックは丸太の山にできるだけ近づけて停車させてください。1cmでも近くに」とか言うんですが、そういう意味なんですね。

 たとえば軽トラを雑に停車させて丸太の山から50cm遠くに停めちゃったとしますね。現場でありがちなことです。すると1つ20kgある丸太を動かす手間が1本で50cm増えるわけですから、100本積むとすでに5000cmつまり50m動かしているわけです。この50mの移動はまったくなんの価値も生まない完全なムダ作業です。時間がかかるし疲れるし。ロクなことがない。

 こういうムダを可能なかぎり削っていくわけ。

 この現場で発生するムダを「7つのムダ」とかに分類して考えられるようにしてある。トヨタはすごいんですよ。



「楽しみで薪割りをしてるのに、そんなことしたら仕事みたいじゃないか」

というような感想を抱くかたもいらっしゃるかもしれませんが、いや、たんに頭を使ったほうがラクで楽しいんですよ。短時間で効率よく仕事ができればラクしてたくさん薪が確保できますし、薪割り仲間とゆっくりコーヒーブレイクをする時間も取れるわけですし、年をとっても体力がなくなっても続けられる。

 というわけでトヨタ生産方式による薪割り、絶賛おすすめです。




────────────────────────────────────────
[2016/06/10 23:01] 薪割りノウハウ | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。