加古川いじめ死事件 

 加古川でいじめによる死者がでたそうだ。わたしも小学生の子供が2人いるので他人事ではない。

「〇〇ちゃんにイジワルされた」なんて話を子供が持ち帰るのは日常的なことだ。こういう日常的な小さな諍いごとはたくさん起きているが、たいていたいした話にはならずおさまってしまう。

 しかしそのうちのごく少数とはいえ、いじめ殺すところまで進む。それを止める仕組みがない、仕組みを作る能力がいまの学校にはないことはもう共通事項としていいんじゃないか。

 いま「能力が学校にない」と書いたが、べつに非難しているわけではない。そもそも「いまのスタイルの学校」に解決を押しつけてること自体が無理筋だということだ。

 解決策は提案されるものの、いつもソフト的なものだ。教師の負担が増えたり親の負担が増えたりするだけで、しばらくするとまた新しい被害者が出る。

 わたしはそもそも学校を重視していない。モトクロスのレースに出たりキャンプを楽しんだりするためにどんどん休ませる。1泊2日じゃわからないことのほうが世の中には圧倒的に多い。

 根本的に初等学校はなにをするところかというと

(1)学問の初歩をさずける
(2)社会的な成長をうながす

──の2つだろう。

 どちらも別に今の学校のフォーマットじゃなくてもいいのだ。まず勉強だが、これは塾でもできるし、気の利いた親なら自分で教えることもできる。数人の親で家庭教師を雇ってもいい。つぎに社会性は、それこそスポーツクラブでも町内会でもサークルでも、なんらかの活動をしている集団に属すれば身につけることができる。

 ウチの子供はモトクロス場でライダーのみなさんにかわいがってもらい、競争心や助け合いの精神を叩きこまれて社会性をたいへん高めているとおもう。

 そういう活動でしぜんに身につくものを社会性っていうんじゃないのか。
今の学校のような一律の「言われたことにしたがう」「みんな同じ」「前へならえ」が社会性ではない。社会性にもいろいろあっていい。

 わたしの提案としてはハードを変える。まずあの旧態依然のハコだ。校舎の建物じたいを変える必要があるのではないかとおもう。

 そのほうが先生たちにとって負担なく「いじめ殺人」をなくすことができる。

 いまの校舎は監獄かウサギ小屋か軍隊かしらないが、どうみてもたくさんの子供に一律の勉強をおしえるためにできたフォーマットだ。いまや「たくさんの子供」はいないし「一律の勉強」も必要ない。くだらん校則などもはや宇宙の笑いぐさでしかない。

 あんな場所に子供と先生を閉じ込めることをもうやめたらどうか。ニワトリだって狭いところに詰めこんだらつつき合いを始めるのである。

 不登校の子供が通うフリースクールなんてのがあちこちでちんまりと運営されているが、そもそもフリースクールみたいな私塾がいっぱいあって好きなのに行けばそれでいいのではないか。

 問題はいまの学校というハードウエアではないか。ハコを変えずに問題を解決しようとしていることじたいが無理難題に思えてならない。



[2017/12/28 21:18] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

地平線なき大国 

中国寧波(ニンポー)4日目。

聞きしに勝るスモッグは、道路の反対側、つまり20-30メートル先がすでにうっすら霞んで見えるほどひどい。道路の先はミルク色に濁り、数百メートルで遠方の空と溶け合ってしまう。

この大国のとくに沿海部に、地平線が戻るのはいったいいつになるのだろう。

PM騒ぎが盛りあがっている日本人は永久に戻らないような気がしているかもしれないが、意外に早いと思う。経済の失速にしろ強権による是正にしろ。


[2013/12/04 17:35] 未分類 | TB(0) | CM(0)

加古川の2011年2月のイベント 

 EINSHOPでは、店頭で購入したときに「アインショップ便り」というニュースレターを1年前からお客様に配っている。今日は朝から14号目になる2月号(2月15日発行)の校正作業。

 今号からかなり内容を刷新した。基本的にエッセーが2本と旬の商品紹介という体裁だったのを、読み物部分にお店のスタッフが店や商品にまつわる話を書き、各店舗の周辺にあるお店を紹介する。

 物売りの店がまわりにある店を紹介するというのは考えてみればへんなもんだけど、雑貨店というのはひじょうに多様でニッチな女性のニーズによって生きているので、周囲の店を紹介しても何も損をすることはない。共存共栄という感じで、隣の店で同じ商品が売っていてもバッティング(商品のかち合い)とか気にしない変わった業界だと思う。

 たとえばEINSHOP神戸のまわりにはたくさんの雑貨屋ができて今や雑貨ストリートになってしまったけれど、店によって見せ方やテイストがぜんぜん違うので露骨な競争関係にはならない。隣接業界のファッション業界もテイストや見せ方はだいじだけれど、商品のバッティングはかなり問題になるので、似て非なる業界だ。

 キーワードは多様性。

 お休みの日の昼下がりに雑貨店めぐりを楽しんでいる女性って、昆虫採集を楽しむ男性と相似のような気がする。出で立ちはまったくちがうけれど、小さな多様性を楽しむというところがまったく同じ。フランス系のナチュラルテイストの雑貨が好きな人とスマートでシャープなデザイン雑貨が好きな人は、自分たちはずいぶん違うように思っているけど、じつはあんまり違わない。カミキリムシ屋とチョウ屋(昆虫は種類が多すぎるので、どこかに絞り込まないと深められないのです)は自分たちではまったく別分野の人間だと思ってるかもしれないけれど、同じ穴のムジナだ。

 昆虫採集が趣味で雑貨屋が仕事のわたしは、えらくニッチな存在かもしれない。考えてみれば細かいことやってるなあ。

 このアインショップ便りに、今月号から店舗のある街で開かれるイベントも一行情報的に掲載することにした。せっかくわざわざ調べるので、加古川でどんなイベントがあるか自分のブログにも転載しておくことにします。地場のメディアがないので知られていないけれど、へえ、というようなイベントが開かれていたりするんだな。

 来月からはもうちょっとアンテナを高くしてたくさん載せられるようにしたいと思います。


■宗佐八幡神社厄除大祭
2月18日(金)、19日(土)。18日は宵宮、19日は昼宮。すごい数の露店が出る播磨三大祭りのひとつ。

■じけまちお雛様まつり
2月25日(金)─3月9日(水)。商店街の店が自分ショーウィンドウに雛人形を飾るイベント。

■かこがわ寺家町亭
2月26日(土)1600時から約90分。落語家2人による落語会。出演・笑福亭銀瓶、桂阿か枝。場所は昭和レトロが売りのホッターズ。入場料1500円。2カ月に1回も開いているんだそうです。知らなかった。笑福亭銀瓶は鶴瓶の弟子なんだそうです。

■西国街道寺家町蚤の市
3月6日(日)1000─1500時
県道18号より西側の寺家町商店街で、食品・ハンドクラフトなどが販売される。



[2011/02/03 23:57] 未分類 | TB(0) | CM(0)

選挙用新カテゴリーを作りました 

 加古川の市会議員選挙用に新しいカテゴリーを作成しました。ブログサイドバー下方にある

「特集/06加古川市会議員選挙」

というのがそれです。選挙関連の記事をまとめてよみやすくするためです。どうぞご活用ください。
[2006/07/06 00:29] 未分類 | TB(0) | CM(1)