スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「公正な選挙(でしたか?)」が終わりました 

 加古川市議会議員選挙が終わり、ちょっと更新をさぼってしまった。

 地方選挙というのはまったくあっさりしたもので、いったん投票が終わったらまったく何事もなかったのように日常に戻る。日本の選挙はだいたいこういうふうに、たいへんクリーンに終わっているように見える。

 しかし、選挙関係者に聞くと、今回の市議会選挙ではある候補者の演説会場に別の候補の関係者が現れ、「怪文書」をまいたという。こういうことが実際に起きていることは容易に想像できるのだが、なぜか報じられることはない。

 選挙活動という露骨な権力争いの場で何も起きないほうがおかしいのだが、こういう「暗闘」も含めて政治なのだから、きっちり知られてしかるべきで、それこそ選挙への興味を喚起するための好材料だとおもう。選挙を「清き1票」に象徴されるイベントにしないほうがいいのではないか。

 ひるがえって、フィリピンの選挙は激しかった。

 実弾(カネ)が飛び交い、候補の襲撃・暗殺、演説会場の爆破、はては投票箱の紛失・強奪まで起きる。とりわけ暴力的な事件は政情が不安定な南部のミンダナオ地方などに多かったが、強奪された投票箱はいったいどう処理したのか気になった。

 汚職がまん延しているため、選挙管理委員会もまったく信用がない。このため、選管が開票・集計するのと同時に、「ナムフレル」という民間選挙監視NGOが開票現場に入って結果を速報をする。日本人にはなんのこっちゃサッパリ具体的に理解できないだろうと思うけれど、こんな組織があるのはフィリピンだけらしいので心配ありません。私も理解するまでに相当かかりました。

 少し説明すると、つまりは、選管が開票作業をやっている現場(たんなる小学校の教室。だれでも入れるのがすごい)に監視員が入り込んで開票作業を見届け、結果をナムフレルの特設本部になっている左派系大学の体育館に携帯メールで送る。そこで独自に集計し、発表するのだ。

 全国の開票所に20万人の監視員を投入するわけだから大変な組織運営になる。こうして選挙結果は必然的に2通り出ることになり、おまけにナムフレルが政治的に純白の存在なわけはさらにないので選挙の結果をめぐってはややこしい攻防が選挙後も続く。

 投票方式もややこしい。日本のように候補者1人を書くのではなく、議員の定数分(議会の定数が33人なら、33人の名前)を書かなくてはならない。すごいでしょう。これを総選挙では大統領・副大統領・国会議員・州知事・州副知事・地方自治体首長・地方自治体副首長・地方議会議員いっぺんにぜんぶやるからモウめちゃくちゃになる。投票用紙だって、日本のような「紙片」ではなく、レポート用紙みたいなでかいものです。

 取材していても追いきれるものではなく、開票作業も1カ月かかってみんないいかげん選挙期間中だということを忘れだします。で、ようやく結果が出たらそれをめぐってデモが起き、みんな半信半疑のまま大統領が就任し、国が運営されていきます。

 ───こんな選挙汚職しほうだい、問題だらけの選挙も困る。だが、選挙の実態、人間のドロドロした部分がキレイに隠され報じられない日本のようなのも逆の極端でおそろしい。まるで国民すべてが日曜お昼の「NHKのど自慢」の参加者ごときクリーンなものだとでも言いたいかのようだ。

 「閑静な住宅街」ばかり増やしてきた加古川だけど、そこまでクリーンな人ばかりではないと思いますけどね。
スポンサーサイト

選挙速報 加古川市議33人決まる 苦戦予想の松本候補は当選 

 加古川市議会議員選挙の当選者が決まった。落選したのは八木多喜子、猪坂正則、石澤伸一の3候補だった。

 苦戦を強いられると予想された新人の松本祐一候補は最下位の33位(2000票)ながら初当選を果たした。ほか当ブログで紹介した現職の吉野晴雄候補、元職の平井淳美候補も当選した。

 市の当選発表は右のHPを参照。http://www.city.kakogawa.hyogo.jp/hp/senkan/kai/

36番目の候補写真「入荷」 

 選挙ポスターの貼り出しが遅れていた猪坂候補の写真が入りました。4日掲載の候補者一覧に挿入しておきます。

 貼り出すのが遅れた上、幹線道路でない路地などには貼らない方針のようです。今回当選がもっとも難しいと巷間いわれている候補者ですが、さあどうでるか。

当落線上の人々3 乱戦別府から3期目なるか よしの晴雄候補 

 兵庫県加古川市は瀬戸内海に面した町であるが、海は実質的にはない。巨大な埋め立て地がもとの海岸線の沖合を完全に覆ってしてしまっているからだ。沖合から見える加古川市は、灰色の工場群と煙や蒸気を吐くエントツである。

 1996年に瀬戸内海をカヌーで旅したときは、姫路市の海水浴場(これも水が汚くて閉口した)から漕ぎ出して、海岸沿いを行かずにまず南下して家島に向かった。兵庫県南部の工場地帯を避けるためだ。工場地帯はコンクリートの岸壁とテトラポッドしかなく、カヌーはまったく上陸できない。

 川には慣れていたが単調な反復を繰り返す海の波には慣れていず、瀬戸内海のど真ん中で船酔いになって死ぬ思いをしたのはこのときである。


 海岸を埋めた後の巨大人口島にできたのが、神戸製鋼所の巨大工場群だ。

 今回の選挙で候補が乱立して「主戦場」になりそうな別府町(べふちょう)は、埋め立てられる前の加古川市の海岸線の東部分を占め、播磨町と隣接している。西隣の尾上町(おのえちょう)とならび煤煙・粉塵被害の中心地でもある。6月24日にもふたたび煤煙が基準を超過して住民の怒りに火を注いだうえ、今月5日には製鉄所内で鉄板が落下して21歳の男性下請け作業員が死亡した。

 6日夜に別府町本町の町民会館で演説会を開いた現職の吉野晴雄候補(58)は「市の環境部も悪いが、それだけではない。市長がもっと真剣にやる態度を示せばできるはずなんや」と市長のあいまいな態度も指摘する。「環境部ができることがもっとある」。

 町内をはしる道路の歩道ぎわには、キラキラと光る砂が必ずある。神戸製鋼所から強風で飛んできた鉄鉱石のかけらだという。「これは確実だ」と念を押した。

 神戸製鋼の排煙データ改ざん問題は粉塵被害へと飛び火し、どちらかというと町民の怒りの対象は目に見えやすい粉塵被害になっている。しかし排煙による健康被害についても、実際に吉野候補は経験があるという。
「生まれた子どもがぜんそくになったせいで、離婚した夫婦を知っている。奥さんは徳之島かどこかの出身で、そちらに引っ越したら子どものぜんそくはすぐ治った」


 吉野候補は今回当選すれば3期目に突入する。しかし前回2002年の市会議員選挙では、33人中32位の得票数、まさに薄氷の勝利だった。盤石の地盤を築いているとは言い難い。

IMG_5810.jpg

(写真説明:妻の遺影の元で支援者の応援演説を聞く吉野候補)

 しかも今回の選挙ではもうひとつおおきなハンデを追っている。妻を昨年亡くしたのである。周囲の人も高く評価していた広い人脈を持っていたが、その妻の力添えは今回ない。

 しかも地盤は今回立候補者が乱立ぎみの別府町周辺だ。「別府町内の票数は7500票。そこに4人が立ち、取り巻く地域を含めると合計10人が立候補しています」と松本後援会長が強調する。

 応援弁士として登壇した井上ひでゆき兵庫県議会議員が訴えたのは、決して楽ではない選挙の実態だ。
「この選挙では、現職は楽勝という声が聞かれます。他候補から吉野候補に票を譲ってくれという声もある。そういう思い込みに票が削られるのが怖い」
と支援者に安易な鞍替えをしないよう伝えた。

 吉野候補はこれまでに選挙活動として数十社の企業を回った。今回の選挙ではとくに十数件企業回りを増やしている。6日もイトーヨーカドーの社員食堂で演説をし、7日は加古川の有力企業である多木化学の社員食堂へと向かう。

 市議会で党幹事長を務めた実績をもとに支持を訴える。「三位一体の改革」により市の福祉予算の負担が重くなったが、これはやらざるを得ないとの見解だ。「安心・安全の町」が吉野議員のスローガンである。

当落線上の人々2 「過疎の志方」唯一の出馬 平井あつみ候補 

 5日午後7時半。加古川市志方町の山中地区にある公会堂で平井淳美候補(72)の選挙演説会が開かれた。集まったのは山中集落を中心とした34人。ほとんどすべてが高齢者で壮年といえる人は2人いるかどうか。

IMG_5754.jpg


 今回の選挙で志方町から唯一立候補したのが、最高齢の立候補者となったこの平井さんである。

 志方町は加古川市を流れる加古川の西岸地区の内陸部にあり、同市でも中心市街地からはもっとも離れている。よく知られた産業は肉牛の生産である。平井候補の選挙事務所のすぐ近くに加古川食肉地方卸売市場があり、道路沿いにも肉屋、焼き肉店が多い。

 演説会場となった公会堂の入り口では、蛍光灯の明かりに3センチはあるウシアブが低い羽音をうならせている。20畳ほどの部屋でざぶとんに座って話を聞く老人たち。後援会関係者からや婦人会代表からの応援演説が続いた。

 なんども強調されたのは、有権者1万人を擁する志方町が前回の選挙で議会に1人も送り込めなかった痛恨の言葉だ。

 「川東(加古川の東岸)が栄える一方で、川西はもうひとつ開けん。平井が出れば、川西も栄えます」
 「志方町でたった1人の立候補、地域の候補を応援したいと思います」
 「4年前はもう1人の志方から出た候補とともに落選してしもた。排水路、下水道、道路の問題。市とのパイプがないとやっぱりあかん。地元から1人をやっぱり置いとかなあきまへんねん」

 平井候補は2期連続で市議をつとめたあと、02年の選挙で落選する。定数33人に39人が立ち、中で同候補は得票数2174の37位に甘んじることになった。1万人の有権者を持つ農村地域は「空白の4年間」を送ることになった。後援者の演説には、他の候補が選挙カーで志方町に選挙運動に来て、大票田から支持者を蚕食していると危ぶむ声もあった。

 加古川市選挙管理委員会によると、志方町の有権者数は1万444人。加古川全市の有権者数は21万人強だから、定数33人の議会に1人も送り込めないのは地域としては痛恨事である。農村地域だから本来なら地元の結束が他地域より固くてあたりまえ。2人議員を出していてもおかしくないのである。

 最後に平井候補が演説に立つ。

「4年前の選挙ではご迷惑をおかけしました。志方町はいろんな面で遅れております。この4年間、市役所にも(陳情に)通いましたが、バッジがないと発言力もない。ああ、情けないな、と思いました」。バッジを外して一市民にもどった平井さんは、市役所でも「話を聞いてもらうだけ」の4年間を送った。

 同候補が重要政策の第一に掲げるのが高齢者の生活対策である。

 加古川市は神戸・大阪に1時間圏内にあるため新規移入者も多く、決して老齢化が進んでいるわけではない。少子高齢化に悩む自治体が多い中では問題は小さいほうだ。

 しかしそれは市全体で見てのことである。「加古川市の中の地方」たる志方町では「過疎」という言葉が連呼されるのに驚いた。同候補は65歳以上が50─60%ではないかと指摘する。当選後の目標は高齢者の住みよい町を作ることだ。具体的には高齢者施設へのアクセスの改善するのが目標のひとつだと語る。

 演説会の最後は、平井さんの娘である山岡すみよさん(49)が立った。

 「トシがトシですんで体が心配やから、やめときと言うたんですが、聞きません。今回が最後です。最後ですので、助けてやってください……」

 肩からかけた手ぬぐい。顔をくしゃくしゃにし、声を絞り出すように支持を訴える。声涙ともに下るとはこのことだ。最後は頭を下げたまま泣き出し、顔を上げなくなってしまった。

 志方町は空白の8年間に甘んずるのか。前回落選した痛手をどこまで挽回できるか。投票日まで残された時間はあと3日である。

「保存版」加古川市議会議員選挙 立候補者36人一覧 

 「なぜ選管のHPに候補者の一覧がないのですか。不便じゃないですか」

と、加古川市選挙管理委員会に聞いてみた。すると「現在のところ、ポスターとちがってHPについては法律で規定がないので掲載していない」とのことである。

 で、仕方なくGoogleなどで検索もしてみたが、やっている人もなさそうだ。不便で仕方がないし、そう思っている人はたくさんいるだろうから、自分でやることにする。

 もしかして日本で始めてだろうか?パラグアイ川単独行に次ぐ日本初だな。

 36人もいるので写すのが大変だから、7月3日神戸新聞長官の短い紹介記事をそのまま転載する。順番は街頭に張り出してあるポスターと同じ。神戸新聞の掲載順とも同じである。

 公職選挙法に触れていたら削除することになるかもしれないが、その際は突然この記事が削除されるので分かるとおもう。

 いちおう公職選挙法も読んだが、選挙運動で使うチョウチンに関しての記述はけっこうあるが、インターネットに関しての記述はまったくない。さっさと改正しないと時代遅れもいいとこだ。

 なお、政策など詳しいことを候補に聞きたい人は、加古川市役所の選挙管理事務所に電話すれば各候補の事務所の問い合わせ先などを教えてもらえる。なお、26番の猪坂さんはポスターを街頭に張り出していないので写真撮影ができず、掲載していない。

 かなり昔に撮影した写真をそのまま使っている候補もいるので容貌にはご注意を。



加古川市議会選挙 立候補者
〈定数33、36人立候補/略歴は氏名、年齢、党派、新現元別、当選回数、代表的肩書き(前職)、現住所〉

IMG_5627.jpg

末澤正臣 すえさわまさおみ 47 無現 1 加古川ボート協会副会長(会社役員) 八幡町下村

IMG_5628.jpg

八木多喜子 やぎたきこ 54 無新 社会教育委員(別府小PTA会長) 別府町中島町

IMG_5629.jpg

田中隆男 たなかたかお 66 無現 2 市グラウンドゴルフ協会顧問(町内会長) 西神吉町鼎

IMG_5630.jpg

西田重幸 にしだしげゆき 63 無現 3 会社社長、地方紙発行、商議所常議員 平岡町新在家

IMG_5631.jpg

相良大悟 さがらだいご 44 公現 1 会社員、党県本部青年局次長 加古川町中津

IMG_5632.jpg

今井敦子 いまいあつこ 59 公現 1 党加古川支部副支部長(清掃業) 西神吉町岸

IMG_5633.jpg

三島俊之 みしまとしゆき 53 公現 1 党加古川支部副支部長(事務員) 野口町良野

IMG_5634.jpg

大西健一 おおにしけんいち 50 公現 3 党県労働局次長、党総支部副総支部長 別府町新野辺

IMG_5635.jpg

畑広次郎 はたこうじろう 38 無新 会社員(高岡町内会長) 山手3

IMG_5636.jpg

中村照子 なかむらてるこ 58 共現 2 党東播地区委員 加印原水協理事 平岡町新在家

IMG_5637.jpg

西多攻 にしたおさむ 64 無元 3 保護司 市防火防災まとい会監事 別府町新野辺

IMG_5638.jpg

佐藤守 さとうまもる 50 無現 1 加古川野球協会参与(会社役員) 加古川町備後

IMG_5639.jpg

山川博 やまかわひろし 61 共現 4 行政書士 党東播地区委員(会社員) 野口町長砂

IMG_5640.jpg

名生昭義 みょうじょうあきよし 64 無現 3 嘱託社員 市ハンドボール協会長 加古川町溝之口

IMG_5641.jpg

中山廣司 なかやまひろし 56 公現 2 党加古川支部長(会社員) 平岡町新在家

IMG_5642.jpg

神吉耕藏 かんきこうぞう 59 無現 3 会社役員(東神吉小PTA会長) 東神吉町神吉

IMG_5643.jpg

隈元悦子 くまもとえつこ 44 公現 1 党加古川支部副支部長(会社員) 加古川町稲屋

IMG_5644.jpg

広瀬弘子 ひろせひろこ 64 共現 1 党東播地区委員(保育園長) 東神吉町出河原

IMG_5645.jpg

吉野晴雄 よしのはるお 58 無現 2 アパート経営 部落解放同盟支部長 別府町別府

IMG_5646.jpg

眞田千穂 さなだちほ 63 無現 3 市民団体代表 NPO役員(高校教諭)

IMG_5647.jpg

村上孝義 むらかみたかよし 60 無現 3 会社員(労組役員、陵南中PTA会長) 野口町北野

IMG_5648.jpg

阪田重孝 さかたしげたか 59 無現 1 社会教育・福祉教育推進委員(会社員) 神野町西之山

IMG_5649.jpg

松崎雅彦 まつざきまさひこ 53 新社現 4 党加古川総支部委員長(加古川市職員) 平岡町高畑

IMG_5650.jpg

岩城光彦 いわきみつひこ 57 無現 4 会社役員 池田町内会副会長 尾上町池田

IMG_5651.jpg

堀充至 ほりみつよし 64 無現 1 上原町内会長(JA理事、会社役員) 平荘町上原

IMG_5818.jpg

猪坂正則 いさかまさのり 62 無新 農業(競馬新聞記者、塾講師) 上荘町都台

IMG_5653.jpg

井上隆司 いのうえたかし54 無新 会社社長 県石油商業組合常任理事 平岡町一色

IMG_5654.jpg

渡辺昭良 わたなべあきなが 68 無現 3 元労組委員長 砂部町内会長 東神吉町西井ノ口

IMG_5655.jpg

御栗英紀 みくりひでのり 62 無現 6 市体協副会長 労組顧問 町内会役員 尾上町養田

IMG_5656.jpg

清田康之 きよたやすゆき 61 無現 4 会社役員(小・中PTA会長) 上荘町小野

IMG_5657.jpg

松本裕一 まつもとゆういち 36 無新 会社代表 NPO法人副理事長 尾上町口里

IMG_5658.jpg

新屋英樹 しんやひでき 44 無新 不動産管理会社代表(市民病院職員) 野口町長砂

IMG_5659.jpg

石澤伸一 いしざわしんいち 56 無新 会社代表 市民団体役員(喫茶店経営) 平岡町山角

IMG_5660.jpg

安田実稔 やすだじつとし 54 無現 1 会社員 町内会相談役(労組役員) 西神吉町大国

IMG_5661.jpg

井筒高雄 36 無現 1 NPO役員(自衛隊員、会社員) 尾上町口里

IMG_5665.jpg

平井敦美 ひらいあつみ 72 無元 2 市社推会長 市社協評議員 志方町志方町


当落線上の人々1 松本ゆういち候補 

 アイデアはあるが、政治の世界には不慣れ──松本ゆういち候補(36)についての痛恨事は、なんといっても立候補の決意が遅れたことだろう。

 最終的に立候補を決意したのは5月30日というから、ひと月あまりで投票日を迎えることになる。選挙期間が始まる前の活動は、事務所を構える加古川市南部・尾上町口里(くちり)周辺の1800世帯を回ったことぐらいだという。選挙で勝てるかどうかの見込みについては、

「時間がなさすぎて分からない。やってきたことが積み重なっていると信じるしかない」といささか歯切れが悪い。自分の支持基盤とはどんな層かとの質問にも

「地盤はない。あえていえば加古川青年会議所」。当選への自信に満ちた言葉は聞かれなかった。正直なところであろう。

 しかし町を盛り上げていくためのアイデアは豊富である。それを裏付けるのがこれまでの経歴だ。議員立候補者としては異色である。

 松林で有名な浜の宮公園のかたわらで育った。加古川西高校を卒業後、映画学科への大学受験に失敗して予備校に行き始める。勉強嫌いな自分に正直に

「2日で行かなくなった」

いきなり上京し、東京・赤坂の料亭で丁稚奉公同然のアルバイト生活を始めた。縁を得て念願の映画界へ。「天と地と」などの撮影に「撮影中は寝る時間が毎日3時間」の日々を過ごしたが、約7年を映画業界ですごすうち「将来が見えてしまった」という。

 加古川に帰ることにした。そこで「心のやすらぐ地元」として加古川を再認識する。サラリーマンも2年半経験した。事業を試みて失敗もしつつ、現在は結婚式のビデオ制作などをするプロダクションを個人で運営している。青年会議所での活動に積極的にかかわり、踊っ子祭りの運営などNPOでの仕事も積んだことの延長に今回の立候補がある。

 市議になったあかつきには、政治を固く考えず、これまでやって来たことと同じように工夫を凝らし、自分も楽しみながら活動をしたいという。

 映画業界にいた経験を生かして、映画の撮影を町に誘致することで町の活性化を促す「フィルム・コミッション」活動を市の活動として加えたいそうだ。

 「姫路などがやっているように、映画の撮影を呼び込んで観光振興に役立てることが目的ではないんです。地元の風景を採集したりする過程で、加古川の良さを再認識する、その過程自体が大事だと思う」。加古川にも実際にNHKの連ドラなどに使われる建築物などがあるが、そうした「資産」に市民自体が気づいていない。「絵になる風景という点では神戸や姫路にはかなわないが、ソフトを提供すればいい」と話す。強調するのは撮影する側に対するサービスの充実だ。

 映画をダシにしての我田引水ではないかとイヤミを言うと、議員としてフィルム・コミッションの仕組みを市役所に作ったあとは、運営を監視する形をいま想像しているという。

 しかし、そうはいっても議会工作や市役所との折衝など「政治力」が必要になってくる。新人には辛いところだ。「そういった活動については、これから経験したうえで判断をしていきたい」と楽観的に見ている。

 自分自身も身近に過ごしてきた神戸製鋼所。選挙が始まったことで動きが中断しているかにみえる煤煙(ばいえん)データの改竄問題については

「批判したところで無駄。いっしょになって解決しようとするのが大事」

と、わりと甘めのスタンスを取っている。周辺地域からは、神戸製鋼への批判票を取り込もうとする議員がすでにいる。神戸製鋼問題を強調しても益が少ないのも事実だ。

 すでに選挙期間に突入し、残された日数は少ない。自分のアイデアのおもしろさを有権者に説明しきれないまま、選挙カーや街頭挨拶などで支持を訴えざるを得ないのが苦しいところだ。

IMG_5713.jpg

(写真:3日午後9時半ごろ、加古川駅頭で乗降客を待ち受けて支持を呼びかける松本候補)

投票に行こう ~市会議員選挙はじまる 

 きょうから加古川市会議員選挙の選挙戦がスタートした。朝から出陣式を各陣営が開き、候補が選挙カーで町に繰り出していった。9日の投票日まで選挙カーの声がかしましい1週間が始まった。

IMG_5544.jpg


 今回の選挙では神戸製鋼の「地元」になる別府町周辺が超激戦地になった。新人もいれば、現職・元職の後継を立てた陣営もある。当落の境で涙を飲む候補が出そうだ。意外な結果を生む可能性もあり、別府町周辺の候補に注目しよう。

 市議会の現職議員は今回の選挙については「楽勝」と踏んでおり、かなりユルんでいるらしい。本来なら選挙活動に追われていてしかるべき30日(金)の夜にファミレスでヨメハンと飯など食っている現職議員を目撃したが、これも楽勝気分の現れだろう。

 争点になりそうでならないまま終わりそうなのが、29年にわたって排ガスの量を改竄していた神戸製鋼である。神鋼職員のあいだでは強くなった風当たりに対する不満もあるものの、選挙で神戸製鋼を地盤として出馬する候補については「それほど影響ない」と地元の有力者が述べている。神戸製鋼の問題は巨大だが、市民団体やNGOが起こした反神鋼の活動はそれほどでもなく、選挙の大きな争点にはなりそうもない。なめられたものである。

 なめられているといえば加古川市も同じだ。

 神鋼問題について当ブログで6月14日に紹介した市民集会であるが、当日は教育委員会を通じて子どもを持つ親にも参加を呼びかけられる手はずになっていたにもかかわらず、なんらかの圧力により直前になって教育関係からの協力は得られなくなった。住民をバカにした神鋼の改竄に対して、それでも譲歩してだれでも参加しやすいように「市民学習会」と銘打ってマイルドな内容で開催したのだが、そんな活動にまで市による牽制がかかったわけだ。

 なめられているというよりはもたれ合いであろう。

 話を選挙にもどす。

IMG_5662.jpg


 市議会選挙と同日選挙になる市長選挙は、対立候補が立たないままに今日夕方、現職の樽本市長の無投票での続投が決定した。人口26万人もいる市で1人の候補も立たないとは町の活気のなさのあらわれである。市長選挙がなくなったため、9日の投票は前回の投票率を下回り、50%前後にとどまると予想されている。

 1日に訪れたある出陣式では、後援者が「上位11人が3500票をオーバーし、残りを下位候補が奪い合う」選挙になると予想していた。当落の境は2500票あたりになるという観測である。

 これから主に「当落線上の人々」に絞って選挙当日まで記事を書いていきたい。

 言うまでもなく、市民の半数は投票に行かないわけであるから、これまで投票に行かなかった層が少しでも投票すれば大きく結果は変わる。こうした「無党派層」を対象にして選挙活動をしてきた候補者はいないからまったく票読みができず、候補者全員にとって「想定外の票」になるからだ。

 選挙をおもしろくしたいなら、かき混ぜたいなら、議員をコケにしたいなら、投票に行けばいいのである。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。