スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熊本被災地再訪(2)ボランティアはこの10人だけだった 

kumamoto.jpg

 どう見てもさみしすぎた。

 足かけ3日間の滞在だったが、じつはこの古民家で作業している10人以外にボランティアを1人も見なかったのだ。この集落だけではなく熊本市内や御船町(みふねまち)や甲佐町周辺の道路も、被災した家屋を見ながらかなり寄道して走ったのだが、ついぞ見かけなかったのである。

 東日本大震災で東北の被災地を訪ねたときは、連休ともなればボランティアが大挙して集まり、いく先々でガムテープに名前を書いてヘルメットにはりつけ、クワやツルハシをふるう姿を見かけたものだ。

 それがこの秋の3連休に甚大被災地で1人も見ないとはどういうことだろうか。

 ボランティアの無償の働きにそれほど驚いていたということは、田上さんにしてもボランティアをまともに見たのは被災からほぼ半年がたった今が始めてだったということにほかならない。

 被災地はまだやることは山ほどあるのに、需要と供給が大きなミスマッチを起こしているのだ。





 広い東北の被災地は、どこにいってもボランティアがいたし、最初は遠慮していた被災者もボランティアに作業を手伝ってもらうことに慣れてきていた。

 これには津波被災をともなったためあまりの完全破壊だったことにも原因があるだろう。被災者だけの力ではどうにもしようがないすさまじい破壊だったため、自衛隊や消防の作業も自治体の処理もインフラの工事もまだまだ来ないのが目に見えていた。となると頼れるのはボランティアしかいない。

 また津波被災地は目に見えてやることが山ほどあったということもある。誰が見てもどうせ片付けなければならないガレキの山や泥の海がそこらじゅうにあった。片っ端から手を付ければそれが復旧に役立った。被災地どこに行っても何事かがボランティアの労働を待っていたといってもいい。

 案外見すごされがちかもしれないが、津波にやられた集落というのは何もなくて見通しがいいため、どこで何がおこなわれているかも分かりやすかった。

 わたしが東北で働いていたのは津波で完全に破壊された漁村だったため、ボランティアどうしやボランティアと住民の距離感も近かった。夜になると集落のほぼ全員が公民館に集まってきて休み、ボランティアもそのあたりでテントを張ってメシを食って寝る。差し入れが来たり酒を持ち込んだりで自然発生的に会話が生まれ、酒盛りが始まり、その中で各々の特技にかんする情報が共有され、明日の作業内容に変更が加わったりしていた。

 熊本の状況はそのへんがまったくちがう。津波が来なかったため、被災家屋のほとんどは「こっそり被災」にとどまっている。被災者は仮設住宅と自宅をクルマで行き来していたりするためボランティアとの接点もないし、日本人の奥ゆかしさもあって自宅の掃除や修復作業をわざわざボランティアに頼む人はいない。

 動いているのは被災家屋の数にくらべて圧倒的に少ない解体業者の重機だけだ。「途中から景色がぜんぜん変わらない」と地元の人たちも話している。





 東北の漁村ではどう見ても完全に倒壊している家屋ばかりだったので、やるべきことはその片付けである。崩れかかった半壊家屋はむりやりクルマで引っ張って引き倒したりしていた。もちろん危ないがどうせしばらく誰も助けにこれないのだから自分達でやるしかない。

 ついには遠路重機を持ち込むボランティア(という名の本職)も現れ、わたしが滞在していた南三陸町の歌津半島では被災者とボランティアが協力して道路まで切り開いてしまった。

 熊本の被災地には、そういう突き抜けた一体感や強引さというものがない。みんな苦しいのをグッと飲み込んだまま、整然と順番が来るのを待ち続けている。

 震災直後に給水やトイレに押し黙ったまま長蛇の列を作っているのとまったく同じ状態が続いていると思えばいいだろう。





 おもえば東北が例外だったのだ。

 わたしは同じ集落ばかりを訪ねていたので気づかなかったが、津波被災がなかった地域では今回の熊本震災のようにひっそりと孤立無援をかこっていた人もたくさんいたのだろう。

 日本でこれから地震による被災が起きるとすれば、ほとんどの場合は熊本のようなひっそりとした苦しみが待っていると考えた方がいい。

 分断されたコミュニティの弱さを地震がいっそう際立たせるのだ。その意味では、東日本大震災より熊本地震のほうが今後の参考になる点を多く含んでいるともいえる。





[2016/09/22 01:41] 熊本どぎゃんね | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。