スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『「タレント」の時代 世界で勝ち続ける企業の人材戦略論』  

 わたしが経営する株式会社ムサシはセンサーライトのメーカーだ。いちおう国内トップシェア。RITEX(ライテックス)をよろしくお願いします。←PR

 ところで、我が社の製品は90年代から中国で生産している。

 とっくに「中国=安かろう悪かろう」ではない。それはハイエンドスマホのiPhoneが中国製であるという日常生活からだれでもわかることだ。MacBook Airの発売のときだったと思う。スティーブ・ジョブズのプレゼンを見ていると、工場の高度な削り出し生産技術を誇っていた。しかしそれは中国の工場だ。

 物つくりにかんして独学しつつ、ここ数年こんなふうに考えてきた。



(1)状況。中国が「安かろう悪かろう」に見えるのは「そういう会社もたくさんあるが、そうでいない会社もある」という話だ。「そうでない会社」はますます増えるいっぽう。日本の中小メーカーが製品の品質を中国で上げられないのは、いいメーカーを知らないだけだ。

(2)理由。生き馬の目を抜く実業界がグローバル化がもうかなり進みおわっというのが全体状況だ。情報・人材が高速移動するなかで、トヨタ生産方式を筆頭とする日本の生産技術がマネされていないはずがない。

(3)証左。中国南部にある製造工場で、鄙にもまれな優秀な生産管理者に出会った。この会社に依頼すると初期ロットから不良品がほとんど出ない。慢性不良もほぼゼロ。

(4)推測。彼はどこで生産管理方法を学んだのか?日本式の生産技術はすでに想像以上に一般化しているのではないか?中国は世界の工場だ。国策としても血道を上げているだろう(おれならあげる)。国策+高度成長+若い国民のバイタリティ──で日本では考えられない短期間で結果がでる。「日本では考えられない」と書いたが、じつは日本が高度経済成長で世界を驚かせたのは同じことだ。

(5)傍証1。トヨタ生産方式について多数の本を買った。書籍からビデオ、研修まで、あらゆる情報がすでに公開されている。書籍はスローな媒体だ。情報は最短でも半年以上前に確定した内容であり古い(研究者の頭→学会誌→専門誌→一般雑誌→書籍の順に新しい)。こんなに一般書籍があるということは相当古い情報だということだ。

(6)傍証2。かつて参加したトヨタ式原価管理の研修。講演しているのはトヨタの関連会社のOBだった。トヨタにとってこの情報は、退職後に子会社の役員が小銭稼ぎのネタにするていどの価値だということだ。

(7)疑問。では日本の物つくり企業は海外勢にたいしてどうやって違いを出すのか。マーケティング?美観デザイン?販売手法?



 と、かいつまんでこのへんまで思考が進んでいたわけだが、この『「タレント」の時代』を読んで産業史における自分の日本と自分の立ち位置がよく分かった。

 わたしにとって今年いちばんのインパクト本だ。物つくり関係者はぜひ読んでください。

『「タレント」の時代 世界で勝ち続ける企業の人材戦略論』
(酒井崇男、講談社現代新書、2015/2/19)
https://www.amazon.co.jp/dp/4062883031

 このあとに同著者の今年第2著が出ていますが、わたしはこの「タレント」のほうが本質論的で好きだな。ちなみにこのブログで、「ものづくり」を「物つくり」と書くているのはこの著者のマネだ。

──────────────────────────────
[2016/10/19 13:33] 書評 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。