スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

湿った薪でもどんどん焚こう(ただし工夫して) 

DSCF1259.jpg

 暖かい兵庫県南部とはいえ、薪ストーブが活躍する一年でいちばん寒い時期になりました。

 しかし。

 LumberJacksなんていう薪割りグループをやっていながら今年は圧倒的に薪が足りません。

 原因はこれ。

DSCF1249.jpg
【写真説明】昨年5月の作業風景。これだけやったらこの冬は楽勝──のはずだった。

 じつはこの薪をぜんぶドロボウに盗まれました。だいたいふつうの家の2冬ぶんくらいは余裕で確保していたのですが、ぜんぶ消えた。

 地元の加古川市八幡町で地元の方から公園の木を伐採するよう依頼がありました。広い公園でしたので伐倒・玉切り・割り・積み上げ乾燥まで現地ですませてあとは冬に使うだけの状態にしておいてのですが、冬になってみたらぜんぶ消えていた。

 けしからん輩もいるもんです。この公園は入口にカギがかかるようになっているのですが、どうにかしてカギをコピーしたか、カギが空いている時間にそれとなく持ち出したか、一輪車などで持ち出したかのいずれかであることはまちがいありません。こんな重いものを大量によくも持ち出したものですが、およそ1人に換算してまるひと月くらいの労働を盗まれたわけで、ほんとうに気をつけなければいけません。

 甘く見てました。世の中とんでもないアホがいるもんです。

 てなわけで、今シーズンは薪の備蓄が手薄でして、自宅用の薪を切り崩して販売用にまわし、自宅用としては半乾きの濡れ丸太を切り刻んでは乾かしつつ焚いているような情けないありさまとなってしまいました。





 で、半乾きの薪は焚いてはいけないのかというと、薪ストーブの常識としては「焚いてはいけません。湿った薪は最悪です」ということになるのですが、そうも言っては居られません。ないものはないから焚くしかないのだ。

 というわけで、本日は湿った薪をどうやって焚くか、その経験的目安というのをご紹介しましょう。

 じつは、完全に乾燥した薪が大量になくてもどうにかして薪ストーブ生活はおくれるものなんですね。また、手に入る薪がベストコンディションであるとはかぎらないキャンプなどでも案外役に立ちますよ。





 湿った薪といっても、切ったばかりの薪をいきなり焚く人はいないと思います。さすがに完全にナマの木は燃えません。実際問題としては、割ってから3カ月─半年くらいしかたってないけど、これ燃やしちゃっていいんだろうか。そんな感じが多いでしょう。

 冬から春にかけての作業をさぼってしまい、作業が梅雨や夏ごろまでずれ込むというのがよくあるパターンです。だいたい薪ストーブ生活3─4年目くらいに慣れてきてこういう事態におちいることが多いようです。オレはそうでした。

 まずは使う順番です。

 もちろん薪割り作業した時期が早い薪から使っていくわけですが、中でも地面から離れた部分に積んである薪を使います。地面に近いところに積んである薪と風とおしのいい薪棚の上部に積んである薪とでは乾燥度合いがぜんぜんちがってきます。

 経験的には、日がよく当たる場所に積んである薪より、雨がまったく当たらず風通しがいい場所においてある薪のほうが乾燥が進みます。もちろんどちらも良好な場所が薪棚としてはベストですが、そういう場所はだいたい庭の一等地であって、薪の置き場なんてのはもうちょっと条件が悪い場所が多いものですよね。そういう場所では日当たりより風通しを重視してください。雑草がまわりに生えていない場所は湿気がたまらないのでなおさらよろしい。

 使う薪を選んだらいちど焚いてみましょう。焚きつけはよく乾いた細い薪を使って、温度を上げます。そこに半乾きの薪を投入してみる。たぶん、しばらくすると薪の断面から「シュー」といって水分が泡をともなって出てくると思います。この水分の噴出が5分ていどで消えるようならあまり問題ありません。温度が下がらないように高温を保って焚けばふつうに薪として使えます。

IMG_4798.jpg
【写真説明】乾燥の悪い薪を焚き始めると、こんなふうに水分・樹脂分が噴き出てくる。5分で収まるようなら許容範囲。

 5分をはるかにすぎて10分以上もシューシューいってるようなら、その薪はさすがにそのまま焚くのはよくありません。ストーブの温度が上がりにくくなってしまいますので一手間加えます。

 どうするかというと、ストーブのそばに積み上げて熱をかけてガンガン強制乾燥させてください。同じ面ばかりをあてないように、時々薪ホルダーの中で位置を変えながらまんべんなくあたためます。かなり近づけてもだいじょうぶです。ウチのストーブは輻射式(ストーブ本体がモロに熱くなる方式)のストーブですが、本体の20─30センチまで近づけて強引に乾燥させます。もちろん在宅時だけね。ヘンな臭いがしたらすぐに対応できる時だけです。あと、乾いた薪が動くことがありますので、荷くずれしてもストーブに接触しない工夫はしておいてください。

IMG_4758.jpg
【写真説明】こんなふうに乾燥させている。時々回してまんべんなくあたためるのがコツ。

 薪は温度が上がるとあちこちに割れが入り、さらに水分が抜けやすくなって薪がカリカリに乾燥してくるのが分かると思います。温度が上がっているとさらに火付きがよくなるので、こうしておいて順繰りに燃料として使っていくわけです。

 こうして強制乾燥させながらなんとか冬をしのぐことができると思います。

 気をつけてほしいのは、どうしてもこういった焚き方をすると煙突が詰まりやすいということです。薪ストーブでいちばん怖いのは煙突火災です。煙突の引きが悪くなってきたような気がしたら詰まってきています。すぐに煙突掃除をしてください。





 以上は未乾燥の薪を焚く方法ですが、さっさとあきらめて乾燥した材木を工務店や材木屋さんからいただいてくるのもいい方法です。建築廃材は完全に乾燥していますから、あっというまに高温になります。半乾きの薪と混ぜて焚けば多くの場合は問題なく冬を越せると思います。

 半乾きの薪を強制乾燥させる場合、大割りの薪をもう一手間必要ですが半分以下に割ってしまうのも手です。体積あたりの表面積が圧倒的に大きくなりますので、乾燥がぐっと早まります。

 薪ストーブも薪も、どっちみちアナログな道具です。完全に乾燥した薪を買って焚いている人は何も考えずにすんで便利かもしれませんが、いつまでたっても焚くのは上手にはなりません。つぶしが効かない。

 前年にちょっとサボってしまったら、あきらめましょう。残念ながら取り返しは付きません(笑)。あとはこれをチャンスと考えて、工夫して焚いて生活できればいいのです。湿った丸太がシーズン途中に手に入ったときなどにも役に立ちます。スキルアップの機会と考えて、まあなんとかかんとかしてしちゃおうじゃないですか。



[2017/02/05 23:19] 薪割りノウハウ | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。