仕事と作業 

 仕事と作業をはっきり仕分けしておきたいと思う。あくまでわたしの定義であり(株)ムサシでの定義である。

 なんでもかでも「仕事」と呼んでしまっては、「仕事で忙しい」といったときの「仕事」がどういう内容なのかはっきりしない。やるべきなのかやるべきでないのかはっきりしないからだ。

 まず仕事とはなにか。どういう業務か。

 過去にない新しい業務。未来にむけて価値を付加する業務。挑戦(つまりリスク)を含み失敗する可能性のある業務のこと。これにあたる人を「仕事を作る人」と呼ぶ。

 新しい挑戦なので型はない。投資活動に近い。やっても直近の業績につながるかどうかは分からないが、やらないとその組織や事業は死んでいく。Googleが社員に業務時間の20%をあてることを許可しているのはこの部分である。

 つぎに作業とはなにか。

 昨日と同じ業務。前例のある業務。今の利益を生む業務。リスクが少なく失敗する可能性の低い業務。ルーチン。これにあたる人は「作業をこなす人」となる。

 作業はすでに型があり、過去の活動が作った価値にのっとるだけなので、できたものをこなしていれば直近の業績は保証される。定番商品を受注して出荷するなどの業務である。



 仕事と作業は、つまりは未来の価値創造と今の利益確保である。

 とはいえ、業務の中身を完全に2種類に分けられるものではない。たとえばルーティン作業の新しいやりかたを試みる、などという相半ばする性質の業務もある。

 英語で企業のことを「enterprise(エンタープライズ)」と呼び、本質的に「商略(商売上のはかりごと)」の意味を含んでいる。「挑戦」や「計略」など価値創造をおろそかにすると事業の飛躍が生まれず、今の日本のように利益確保のための小さな計略しか生まなくなる。

 われわれは作業に没頭しがちだが、利益確保のための日々の業務は省力化できればできるほどよい。そうして省いた労力を、当たるも当たらぬも八卦の価値創造にできるだけ配分するのである。


────────────────────────────────────
[2018/04/11 01:37] 会社経営 / ビジネス | トラックバック(-) | コメント(-)